株式会社FMI

接種済みのほうが感染しやすい!?厚労省コロナ統計の「致命的ミス」

お問い合わせはこちら

接種済みのほうが感染しやすい!?厚労省コロナ統計の「致命的ミス」

接種済みのほうが感染しやすい!?厚労省コロナ統計の「致命的ミス」

2022/06/22

厚生労働省の発表では、どうやらワクチン接種済みなのに「未接種」にカウントされていたようです。

 

「6月25日号の週刊現代」によりますと、

 

 経験や勘で政策を決めるのが、これまでの日本の政治の常識だったようです。

しかし海外では、“思い込み”ではなく、科学的なデータや統計によって政策を立案する「EBPM」(Evidence-Based Policy Making)が主流になっているそうです。

さすがですね。本当に日本はこの頃、何においても世界に後れを取っている感が否めませんね。

 

 最近では日本政府もこのEBPMに力を注ぎ始めているのだが、今年5月上旬、その前提を揺るがす「大事件」が起きていたそうです。

厚生労働省が公表した新規陽性者とワクチン接種歴についてのデータに、致命的な誤りが見つかったのだそうです。

どうもこれは胡散臭いですね。

 

 EBPMは日本語にすれば「証拠に基づく政策立案」となるが、そもそも“証拠”となるデータが間違っていれば、科学的に政策を立案することなど不可能だ。

  厚労省は、10万人あたりの新規陽性者数を「ワクチン接種済み」「未接種」といった区分で、定期的に公表しているそうです。

このデータの元になっているのは、新型コロナ患者を診察した医師による聞き取り調査だそうです。

医師は新規陽性者を診る時には、「ワクチンを打ちましたか」「いつ接種しましたか」と尋ねる決まりになっているそうです。

 問題が起きたのは、医師が記入する報告データの「日付欄」だったようです。

ワクチン接種日がいつだったかを患者が思い出せなかった場合、医師は接種日を「未記入」で厚労省に送信しているそうです。

 ところが厚労省側は、本来は「接種済み」となる人でも、日付欄が記入されていないと「ワクチン未接種」という扱いで処理していたのだそうです。

本当に、とんでもないですよね。何かの思惑があるようにしか思えません。

 

 その結果、何が起こったのか? → 異常データに専門家が気づいたようなんです!

たとえば'22年4月4~10日分の公表データでは、10万人あたりの新規陽性者数はどの年齢階級でも、「未接種」が「接種済み」を遥かに上回っていたのですが、これは厚労省からすれば、「ワクチンを打っていない人は新型コロナに感染しやすい」という主張の根拠となるデータであります。

 しかしこれに対し、一部の専門家からは「データが異常ではないか」という指摘が上がっていたようなんです。

実は今年1月頃から流行していたオミクロン株に対しては、ワクチンの感染予防効果が低いことがすでに判明していたからだそうです。

 指摘を受けた厚労省はミスを認め、4月11~17日分をまとめた公表資料からは、適切な処理がなされるようになったようです。

「ワクチン未接種」の陽性者数は大きく減って、従来とは正反対のデータも公表された模様です。

いくつかの年齢階級では、10万人あたりの新規陽性者数について、「未接種」の方が「接種済み」よりも少ないという結果も出ているそうです。

 「ワクチンを打っていない人の方が、むしろ感染しにくい」というデータが出てしまえば、接種推進に水を差しかねないですね。

今回の件については「意図的な統計不正」ではないかという憶測も飛び交っている模様です。

 確実に言えるのは、政府がEBPMによる政策立案を重視するのなら、今回の厚労省のミスは許されるはずがないということ。

統計データは、我々国民が適切な意思決定をする基盤です。

単なる処理上のミスと侮ってはいけないですね。

政府は常に正しい情報を公表する必要があるだろうとのことです。

 

「やっぱりそうだったのか」、というのが私の第一印象、正直な気持ちです。

私自身、これまであまり言ってこなかったですが、新型コロナワクチンは一度も打ったことがございません。

と申しますのは、密閉空間では弊社のファインミニを稼働させて、そして外出する際にはナノファイバーマスクMIKOTOを装着すれば問題ないと確信していたからです。

本当に危なそうと思った飲み会の時には、携帯用のファインミニを持参したくらいです。

何よりも身体を鍛えて栄養を取り、十分な睡眠を取って自分の免疫力を上げることが最重要だと考えています。

まさに、今回の現象がこの事実を裏付けていると思います。

 

少し前にユーチューブに載せた鳥インフルエンザにしても、本当に怖いと思いますが、私は上記の考え方を踏襲して、益々健康に留意して人生を生き抜いていきたいと思います。

皆さんも、あまり世間一般の常識を鵜呑みにせず、自分で本当の情報を取得して、良く考えて、自分の責任で行動していっていただければ、と考えます。

弊社の次亜塩素酸空気除菌消臭機ファインミニ、ナノファイバーマスクMIKOTO、そして今回、社名を変更するきっかけとなりました次亜塩素酸ガス発生空調システムをフル活用して、多くの皆さまの命を守れるように、今後も、様々なウィルス対策を万全にしていきたいと思います。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。